リバウンドしないダイエット方法はパーソナルトレーニングで学べる!

ダイエットを経験した人にとって大きな悩みとなるのが「リバウンド」です。

ダイエットにおいてリバウンドは付き物といっても過言ではないとされ、特にそのダイエットによる減量幅が大きければ大きいほどリバウンドの可能性も高まってしまうともされています。

当然のことながら、こういったリバウンドに関する懸念はパーソナルトレーニングにおいてもついて回ります。

パーソナルトレーニングに必要となる費用や時間の負担は決して小さいものではありませんが、にもかかわらずリバウンドをしてしまうとすればそれは大きな痛手となるでしょう。

ではパーソナルトレーニングにおいては、リバウンドはどのように捉えられ、それに対してどのような対策が講じられているのでしょうか。

今回は、パーソナルトレーニングにおけるリバウンド対策などについて紹介をしていきたいと思います。それでは、早速見ていきましょう。

パーソナルトレーニングはリバウンドにどう対処するか?

パーソナルトレーニングにおいて最も重要となるのがパーソナルトレーナーの存在です。

パーソナルトレーナーはダイエットを始めとするさまざまなトレーニングのプロフェッショナルであり、それぞれの利用者がどのような目標や目的を持っているのかを確認した上で、それを達成する上で最も効果的な方法を導き、トレーニングプランの策定やコーチングを行います。

そしてそういったプランニングやコーチングの一環としてリバウンド対策についても考案や実践をしていきます。

例えばパーソナルトレーニングの指導において食事指導は重要な要素の一つとなりますが、そういった食事指導のなかでも中心的な方法として挙げられるのが糖質制限です。しかしその一方で糖質制限はもともと糖尿病患者向けの食事メニューとして考案されたということからも分かるようにその実践には少なからず困難さが伴い、それゆえリバウンドを引き起こすことも少なくないのが実情です。

そのためパーソナルトレーナーは糖質制限が結果としてリバウンドを引き起こすことが無いよう、その人の生活習慣や体質など見極めた上で無理のない範囲での食事指導を行うのが一般的です。また食事指導に際しては遺伝子検査を行いその人の体質を徹底的に調べることもあります。

さらに糖質制限に関し、それがリバウンドを引き起こさないようにするための対処法の一つとしては「糖質を制限する代わりにタンパク質を積極的に摂取する」ということも挙げられます。

人体はどうしても一日あたりに必要なカロリーが決まっているものですが、糖質制限によって欠乏してしまったカロリーをタンパク質によって補うというのがこの考え方です。

リバウンドはある程度必然的事象であり、その可能性をゼロにすることはできない

パーソナルトレーニングにおけるリバウンド対策として誤解をしてはならないのは、パーソナルトレーナーがどんなに完璧な対策を講じようとリバウンドが起きる可能性をゼロにすることはできないということです。

例えばパーソナルトレーニングを利用する人の中には短期間でどうしても体重を落とさなければならないというケースも少なくありません。

そのような場合、パーソナルトレーナーは「○ヶ月までに○キロ痩せる」ということを最優先してトレーニングプランの策定を行うため、リバウンド対策まではどうしても手が回らなくなってしまうということがあります。

また「体重」というものはその人ごとに恒常性(値を常に一定に保とうとする力)を持っているため、パーソナルトレーニングの期間が終わるとその恒常性が働き多少なりともリバウンドが起こるということも少なくありません。

パーソナルトレーニングを受ける場合にはリバウンドを過度に気にしすぎるのではなく、トレーニング期間の終了後多少の体重増加が見られたとしても無理のない範囲で身に付けたトレーニングや食生活の改善などを継続することで長期的に少しずつ体重を落としていくということが重要となります。

無理なカロリー制限はかえってリバウンドを引き起こす

現在日本では数多くのパーソナルトレーニングジムが営業をしておりますが、その中には必ずしも優良とは言えないジムも少なくないということも事実です。

そういったあまり質の高くないパーソナルトレーニングジムに多く見られる傾向としては、「過度なカロリー制限に頼ろうとする」ということが挙げられます。

先にも述べましたように糖質制限などのカロリー制限はダイエットにおいて簡単に高い効果を得ることが可能となる反面、リバウンドを引き起こす可能性が高くなります。

そもそもカロリーは身体の筋肉量を保つために必要となるのですが、過度のカロリー制限は筋肉量を減少させ、結果として代謝の低下、そしてそれによる脂肪の蓄積を引き起こします。

こうしたことからパーソナルトレーニングジムを選ぶ場合には、そのジムが過度にカロリー制限に依存したダイエットを行っていないか、トレーニングメニューの選択肢がカロリー制限以外にも豊富に存在するかなどをチェックしておくのがおすすめです。