パーソナルトレーニングで日々の運動習慣を身に付けよう

残念ながら誤解をしている人も多いのではありますが、パーソナルトレーニングにおいてその真の目的は「痩せること」ではありません。

パーソナルトレーニングジムの広告などではよく「○○キロ痩せた!」などの表現が見受けられますが、これらはあくまでもパーソナルトレーニングをよく知らない人に対しての分かりやすさを重視したものであり、本当の目的は別にあります。

では、パーソナルトレーニングにおける真の目的とは一体何のことなのでしょうか。それは「ライフスタイルを変えること」であるとされています。

パーソナルトレーニングはそれを通じて自らの体との向き合い方、ライフスタイルを変えることを目的としているのです。

そしてそのライフスタイルにおいて非常に重要なファクターの一つであるのが、「運動習慣」です。

ここでは、パーソナルトレーニングを通じてどのように運動習慣を身に着けていくべきなのか、またそれをすることによって得られるメリットにはどのような事柄が存在するのかといったことについて紹介をしていきます。

それでは、早速見ていきましょう。

本当に重要なのはトレーニング終了後の生活習慣

パーソナルトレーニングはトレーニング期間中に目標とする数値を達成すればそれで終わりではありません。

ほんとうに重要なのは、トレーニング期間中が終わった後そこで学び取ったことをどのように日常生活の中で活かしていき、健康的な生活習慣や体型を維持していくかということなのです。

その為にはパーソナルトレーニングが終わった後も、日常的に運動習慣を生活スタイルに組み込んでいく必要があります。

運動時間はできればトレーニング期間中と同じ1日2時間が理想なのですが、もしそれが難しいという場合には最低でも30分間は時間を設けるようにしてください。

パーソナルトレーナーからは「技術」や「知識」を学び取ろう

パーソナルトレーニングで運動習慣を身に着けていくためにはトレーニング期間中から注意をしたほうが良いポイントが存在します。

それはただ単にパーソナルトレーナーに指導を任せるのではなく、自ら積極的に学び取ろうとする姿勢です。

残念ながらパーソナルトレーニングをしているうちの少なくない人々は、トレーナーの指示に従って目標を達成すればそれで良いという姿勢でトレーニングに臨んでいます。

しかし本当に運動習慣を身に着けていくためにはトレーニングを受けながらトレーナーの指導が何を意味するのかを考え、さらにそこから技術や知識を学び取っていくという姿勢が必要となります。

もしトレーナーの指示の意味が理解できないという場合には、積極的に質問を行い、理論的にそれを理解するようにしてください。

パーソナルトレーニングで身につけた技術や知識はその場限りのものではなく、その後一生涯に渡って使い続けることができるあなた自身の財産なのです。

パーソナルトレーニングはそういった「財産を獲得するための投資」であると考えるようにすると良いでしょう。

運動習慣を身に着けなければリバウンドをしてしまう

当たり前の話ではありますが、パーソナルトレーニング期間中に目標を達成することができたとしても、その後トレーニングを受ける以前の生活にそのまま戻ってしまえばリバウンドをしてしまいます。

パーソナルトレーニングでは運動の他に食事制限も指導されますが、食事制限のみで体型などを維持することは難しく、また過度の食事制限は時として命を危険にさらす可能性すらあるのでおすすめできません。

パーソナルトレーニングの終了後には食事制限だけではなく、しっかりと運動の習慣を身につけ継続していくということが重要となります。

サイト内検索
ランキング!
24/7ワークアウト札幌店
FORH(フォーエイチ)
ライザップ(RIZAP)札幌スガイディノス店
ARMS(アームズ)
Reborn my self(リボーンマイセルフ)(旧シェイプス)札幌店