普通のフィットネスジムでもパーソナルトレーニングが受けられる!?

今現在日本はパーソナルトレーニングがブームとなっておりますが、一パーソナルトレーニングといった場合「個室で行われるもの」というイメージを持たれている方は少なくないかも知れません。

実際にはパーソナルトレーニングとは「パーソナルトレーナーによってマンツーマンで行われるトレーニング」の総称であり、個室以外で行われる場合も少なくはありません。ちなみにパーソナルトレーニングジムのうち、完全個室制を採っているジムはプライベートジムと呼ばれます。

そのような広い意味でのパーソナルトレーニングは必ずしも場所を決めて行われるわけではなく、中には通常のフィットネスジムにてパーソナルトレーニングを行っている例も少なくはなく、むしろ増加傾向にあるとも言えます。

今回はそのようなフィットネスジムなどで行われるパーソナルトレーニングについて紹介をしていきたいと思います。

フィットネスジムでのパーソナルトレーニングとはどのようなものなのか?

まず知っておきたいこととして、一口にパーソナルトレーニングと言ってもフィットネスジムをはじめ、個人の自宅を改装したような規模の小さなジムや場所を問わないパーソナルトレーニング、さらにはインターネットなどを利用した通信制などその形態は多種多様であるということが挙げられます。

それぞれの形態にはメリット・デメリット、また利用者側の向き不向きなどが存在します。そしてさらに重要な要素としてはパーソナルトレーナーと利用者との間の相性が挙げられます。

どのような形態のパーソナルトレーニングであれ、その質は千差万別であり、料金以上の結果が出せるところもあれば高い金額を払ったにもかかわらず思ったような結果が出せないというケースも無くはないのが現状です。

このような状況の中で、現在フィットネスジムで行われるパーソナルトレーニングとしては大きく分けて、

「元々フィットネスジムとして運営されていたジムがサービスの一環としてパーソナルトレーニングコースを設けるケース」

および

「個人(フリーランス)でパーソナルトレーニングを行っているトレーナーがフィットネスジムを間借りして指導を行うケース」

があります。

この内前者の「元々フィットネスジムとして運営されていたジムがサービスの一環としてパーソナルトレーニングコースを設けるケース」のでは、ジムのスタッフがパーソナルトレーナーとして指導を行う場合と、外部からパーソナルトレーナーを招聘して指導を行う場合とがあります。

一方後者の「個人(フリーランス)でパーソナルトレーニングを行っているトレーナーがフィットネスジムを間借りして指導を行うケース」では一つのフィットネスジムと間借り契約を行って指導を行う場合と、そういった拠点を全く持たずに依頼に応じて出張をして指導を行う場合とがあります。

いずれの場合にも(特に前者の場合には)無料体験レッスンなどを行っている場合もありますので、そういった体験をしながらどのような形態でのパーソナルトレーニングが自分には向いているのかを吟味することがおすすめです。

フィットネスジムで行われるパーソナルトレーニングのメリット・デメリット

フィットネスジムで行われるパーソナルトレーニングには、先にも述べましたようにメリット・デメリットの両面が存在します。どのような形態であれ、どのようなパーソナルトレーニングを受けるのかを判断する場合には、そうしたメリット・デメリットの両面をよく理解した上で決定を下すことが必要となります。

まず、フィットネスジムでパーソナルトレーニングを受けるメリットとしては一般的な傾向として料金が安くなりやすいということが挙げられます。例えば大手パーソナルジムの場合、その料金には宣伝費などが含まれることが一般的ですが、一般的なフィットネスジムや個人のパーソナルトレーナーの場合、そういった宣伝費があまりかからない分費用は安くなる傾向があります。

一方でフィットネスジムでのパーソナルトレーニングのデメリットとしてあげられるのがそのトレーニングのクオリティのばらつきです。大手パーソナルジムとは違い、これらのパーソナルトレーニングではトレーナーの質からジムの設備までそれぞれ大きな違いがあり、全くの玉石混交であるというのが一般的です。そのため質の非常に高いトレーニングを受けることができる場合もあれば、非常に質の低いトレーニングしか受けられないという場合もあります。

またフィットネスジムでのパーソナルトレーニングの場合、まず大手のパーソナルトレーニングジムのような個室指導では無いため、人によっては周囲の人の目が気になってしまいトレーニングに集中できないという場合もあります。もしご自身の性格上そういった周囲の目が気になるという場合には、フィットネスジムでのパーソナルトレーニングはおすすめできないかもしれません。